教育指導というのは、学習指導や生活指導の2つに分けられます

教育指導というのは、主に二つの分野に分けられていると言えます。
ほとんどが学習指導や生活指導の分類になるのではないでしょうか。
まず、学習指導というのは生徒に学問を教えることです。

なにを教えるのか、なぜ教えるのかを各教科や各学年ごとに知っておかねばなりません。
また、学校の特色や地域の特性、学級の生徒の特徴を考え目標を設定することが重要になってきます。

そして、自分の担当教科について十分な教材研究を行い、自分の為の教材ではなく生徒の為の教材であることを意識して指導することが大切です。
独断状態になってしまうと学習意欲を削いでしまう可能性があるので考えさせたり、作業をさせたりなど生徒を中心とした指導展開が求められる項目になります。

生活指導には、学習指導と別に注意すべき点や配慮する点が異なります。
主に、進路指導や道徳指導などに当たります。
近年では、各学校に専門のカウンセラーがいる場合が多く生活指導に力を入れています。

学習指導とは違い、教材も無ければ時間内に指導をする訳でもありません。
コミュニケーション能力が大きな課題となってきます。
生徒の訴えや状態、状況を敏感に感じて配慮することが重要です。

その為には生徒をよく理解し知ることが必要です。
しかし、一人で解決が困難な場合には、カウンセラーの先生や先輩教員などの協力を仰ぎ、解決に導くことも必要になります。
それぞれの特色はありますが、共通点は生徒と接するということです。

人には、それぞれ個性があり特徴があります。
それをよく観察し、指導を行うことが教育指導に重要なことなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ