中学校や高校で学ぶ福祉教育の大切さ

福祉教育は、すべての人を個人として尊重し、思いやりの心を持って助け合う態度を育て、共に生きる人間の育成を目指すものです。
教育の目標とすべきものは、現在の学校教育が目指すべきものと同一線上にあります。
高齢者や身体の不自由な人でも、安心して暮らせるような社会の実現に寄与するための教育といえます。

なぜこのような教育が必要かというと、まず地域で暮らす生徒が身近なところで暮らしている高齢者や外国人や、身体の不自由な人等さまざまな生活や生き方があることに気づき、福祉問題、福祉活動の意味や役割に関心を持つことが必要であるためです。

さらに、生活課題を抱えている人への深い思いやりの心をもってボランティア活動に参加してみたいという主体形成がなされる必要があるからです。

具体的には、生徒が社会的存在としての自覚を持ち、社会の有意な形成者となり、生徒の自主的主体的活動が生徒自身の自発性を伸長することです。

ボランティア学習は教職員と生徒が共に学ぶ機会を作り出すものであり、教職員と生徒の関係に新風を吹き込無と同時に、学校と地域社会を結ぶ契機にもなります。

中学や高校で授業の一環として福祉教育を行う時間がありますが、その中で行われる体験学習の多くは、ボランティア活動にみられるように、それが生徒の学習経験であるという教育的意義はもちろん、多くのほかの人々の暮らしや生き方に直接的にかかわるという意味で社会的意義をもった体験です。
高齢化社会が深刻化している日本では、ますます福祉教育の存在意義が高まっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ