子供たちへの職業教育の大切さと役割

職業教育とは、即戦力となる職業人としての人材を育成するための知識と技能を習得させるための教育のことを言います。
私たちは、就職するまでは学校で勉強して社会に出るための準備をしています。
しかし、学校での勉強と社会に出てからの仕事は勝手が違いますし、仕事をして給料をもらう以上、どんな仕事であれ責任が伴います。

学校では勉強ができて優秀だったのに、いざ就職したら自分が思っていたよりも仕事ができず、自信を失って退職してしまう若者も少なくありません。

そのような事態を少しでも減らすために行うのが、職業教育です。
現在、多くの高校では授業の1つとして職場体験を実施しています。

職場体験は、生徒が直接働く人と接することや実際的な知識や技能に触れることを通して、学ぶことの意義や働くことの意義を理解し、生きることの尊さを実感させることが求められています。

また、生徒が主体的に進路を選択決定する態度や意欲を培うことのできる教育活動として、重要な意味を持っています。
望ましい職業観の育成や自己の将来に夢や希望を抱き、その実現を目指す意欲の高揚を図る教育今までも行われてきましたが、就職が厳しい現在においては、こういった教育はより一層大切になっています。

職場体験は、こうした課題の解決に向けて、体験を重視した教育の改善を図る取組の一環として大きな役割を担うものです。
それと同時に、子供は職場体験を通して、学校での学習がなぜ大切なのか、実際に仕事をしていく上でどのように用いられるのかを知ることができます。
職業教育は、学校と社会を繋ぐきっかけにもなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ