小中高の教育現場で、新聞を活用している所は増えてきています。

近年、小中高において新聞記事を題材に授業を行う学校が増えてきています。
教科書に書かれてあることより身近であることが利用される主な要因です。
学問に興味をもってもらうには、授業の内容と現実で起こっていること、過去におこったこととリンクしていることが何より大事です。

しかし一方で、新聞を読まない若い世代が増えています。
ネットの普及の影響も当然ありますが、親が読まなくなっている部分も大きいのではないかと考えます。

活字離れは学生時代は不便を感じなくても、大人になってから時間の差こそあれ、必ず後悔しますし、そうなってしまっては遅いといえます。
どの科目で使われようと、活字離れを防いだり、あらゆる分野に関心を持ってもらう意味において授業で取り上げるのは良い傾向ではないでしょうか。

OECDの調査によると、新聞を読む学生の方が読まない学生に比べ、学力が高いことが証明されています。
増えてきているとはいえ、まだ実践していない学校も多くあるので、生徒の学力向上の観点からも、多くの学校で活用してほしいものです。

社会の政経や歴史の授業で記事を題材として使われる際は、教育上中立を保つためにも慎重に行う必要があります。
各紙に目を通した人なら分かりますが、それぞれ意見が異なることが書かれています。

とりわけ政治や歴史のことになると尚更です。
授業で使う際は、主張の異なる各紙をそれぞれ扱ったり、教える立場の人が、自説を述べないよう注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ