教員養成大学としての福岡教育大学の理念と目指すもの

福岡教育大学は、九州地区で唯一の教員養成大学です。
教育大学としての存在意義を明確にするために、学術の中心として深く専門の学芸を研究教授するとともに、広く知識技能を開発し、豊かな教養を与え、もって有為な教育者を養成し、文化の進展に寄与することを大学の目的としています。

具体的な理念としては、教育に関する教育および研究を総合的に行う九州地区の拠点大学として、学生に豊かな教養と深い専門的知識技能を獲得させることによって、知的発達と人間的成長を促し、有為な教育者を養成するとともに、地域およびわが国の文化の発展に寄与することを目指しています。

福岡教育大学での学生生活を通じて、学生は国際化に対応したコミュニケーション能力や自己表現力を育てます。
その結果として、長い歴史と伝統の中で培われた教育及び研究に関する知的、人的、物的資源を基盤にして蓄積された成果を積極的に社会に還元することを指標としています。

それは、現在においても現職教員教育への貢献や障害児支援に貢献するだけでなく、国際交流の推進や地域社会、生涯学習に寄与するという形で表れています。

教育大学という特徴がゆえに、他の大学にはない取り組みもしています。
例えば、2012年1月に学内にTFT自動販売機を設置しました。

TFTとは、日本発の開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病に同時に取り組む、国際的な社会貢献活動です。
この取り組みによって、アフリカの子供たちに給食を与えることができ、開発途上国の飢餓対策に役立てられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ