兵庫教育大学は素晴らしい大学です

兵庫教育大学は、学部卒業者の教員就職率が、国立教員養成系大学学部45大学中、全国第一位となっています。
学部卒業者のうち、そのほとんどが小学校の教員になるため、小学校の先生になりたい方にはぴったりの大学です。
大学は、兵庫県加東郡社町というところに立地していて、自然も豊富で、学生のオリエンテーション合宿や自然学校で良く利用されている場所でもあります。

そのような場所にある大学ですので、学生たちはのびのびと学習できますし、周りに遊ぶところが少ないので、学ぶことに全力投球できる環境が整っています。

さらに、この大学は現職の先生方の研修への参加や、大学院での学び直しを行っています。
一方、学部生も現職の教職員の方との交流や、情報交換をすることが可能です。

この大学の大きな特徴として、教育実習の期間が他大学と比べて長くなっています。
教育実習は一回生から始まります。

一回生の実習は、見学実習となっていて、附属小学校でベテランの先生方の授業や現場から多くを学びます。
そして二回生ではキャンプ実習をします。

キャンプ実習では、自然学校のリーダーとして、実際に児童と関わりながら学習します。
三回生では附属小学校で模擬授業を含めた実習を行い、より具体的に小学校の現場を体験します。

そして最後の四回生の教育実習では附属小学校を離れ、母校での実習を行います。
このように、一回生から四年間かけて、徐々に教育現場に慣れていけるようになっていますので、採用後も安心して現場に入っていけます。
こういった特徴から、兵庫教育大学は小学校の先生を希望されている方にとっては非常に魅力的で、お薦めの大学です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ