子供の豊かな感情を育てる情操教育の必要性

明確な定義は決まっていませんが、情操教育とは主に学校の教育において、音楽や道徳、保健体育の分野のことで、これらを通して、豊かな個性や情緒を育んでいこうとする教育のことです。
これの対極にあるのは数学や理科、社会等の暗記などの分野の教育です。

頭に詰め込む勉強ではなく、心の教育とも呼ばれています。
しかし現在の教育システムでは、このような教育よりも数学や社会などの教科が中心になっている学校がほとんどです。

効果として期待されることとしては、感受性が豊かになる、道徳心が養われる、自分で考える力がつくという点です。
学校の教育だけではなく、他にも情操の教育になることもたくさんあります。

例えば、海、山などの自然に触れたり、四季の移り変わりを経験するといったことや、生き物や植物を育てることにより、命の大切さ、愛情を注ぐ心を学ぶことが出来ます。

また美術館などで、海外の芸術作品に触れたりすると外国の文化を知る事が出来、知的好奇心も刺激されます。
他にも身近なもので音楽を聞いたりスポーツをしたり、何か習いごとをしたりして、わくわくしたり、経験をすることが感情を豊かにしていきます。
現在、この情操教育が重要になってきています。

一人っ子が増え、近所付き合いが少ない今、コミュニケーションをする機会はどんどん少なくなってきていて、遊びに関しても一人でゲームをしたりインターネット上のコミュニケーションであったり、現実味がない状況により感情をコントロール出来ない子供が増えています。
学校は情操教育にもっと力を入れ、各家庭でもそういった努力をしていくことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ