子供の可能性を引き出し自立した子供を育てるモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は、イタリアの女性医学博士、マリア・モンテッソーリにより20世紀初頭に生み出された教育法です。
障害児の治療教育に携わっていたモンテッソーリは、その方法を健常児にも用いることができると感じ、1907年、貧困層向けアパートの保育施設の指導を任された時、この方法を実践します。

これが子どもの家であり、後に、モンテッソーリ教育を実践する教育施設は、子どもの家とよばれることになります。
モンテッソーリ教育の特徴は、子供の自立性を重んじる点にあります。

子どもたちが、安心して自由に活動的できる場、自由な環境を整え、その中で、子どもたちの自発的に現れる知的好奇心を育てます。
つまり、先生、親など、周りの大人は、子どもに教えるのではなく、子どもの自発的な好奇心を援助します。
そのために、日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育、文化教育の5つの実践科目があります。

この中でも特に重視されているのが、感覚教育で、年齢ごとに子どもの興味の対象が変化することに注目したモンテッソーリは、様々な能力の獲得にはそれぞれに最も適した時期があるとし、この時期を敏感期とよび、その時期を生かして学習する方法を実践しています。

一斉教育は行わず、異年齢混合にして、年下の子どもは年上の子どもから学び、年上の子どもは年下の子どもの世話をするということも自然に学びます。

また、この5つの実践科目には、それぞれ、特有の教具が用いられます。
こうして、知的好奇心を育て、自立して調和のとれた人格を育てます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ