ユダヤ人は、学ぶ過程や生き方などを幼い頃から教えるなど、教育に力を入れているようです

ユダヤ人は非常に頭が良いと言われていて、IQ平均115もあると言われている程です。
それには、ユダヤ人特有の秘密があるようです。
ユダヤ人は、かなり教育熱心で力を入れていると聞きます。

それと同時に人間形成にも熱心で人を想い、大切にし、学ぶ過程や生き方などを幼い頃から教育するようです。
学問に対しては、本と服を汚したら、本から拭けと言われる程学ぶことは、努力を積むことと同じであり、努力をした者が報われるという教えがあります。

つまり、結果よりも学ぶ過程こそが重要であると説いています。
権威に対しては、偉人を過大評価せず、同じように小人も過小評価してはならないと教えられます。
偉人であろうと小人であろうと平等に見て、常に謙虚でいなければならないということです。

商売に対しては、自分の手にあり、他人が欲しがる物を安く売るのは、ビジネスではない。
自分の手に無く、他人が欲しがらない物を売るのがビジネスだと説いています。

人々に賢いと思われるよりも愚かだと思われることが大切であるということも教えています。
これらから解るのは、なにに対しても貪欲であり、努力を怠らず、人を比べたり、見下したりせず、思いやる気持ちを大切にしなければならないということが見えてきます。

もっと砕いてしまえば、常に謙虚な心でいることが重要ということです。
それを幼い頃から教育され、育っていくことでいつまでも学ぶ姿勢を忘れないことが、彼らの知識欲を駆り立てているのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ