情報モラル教育が子供を犯罪から守る

現代では子どもでも携帯やパソコンから自由にネットに接続し、情報を利用し、発信することが多いです。
そのため、ネット上のトラブルに巻き込まれる子どもも少なくありません。
それを防ぐためには、義務教育のカリキュラムに情報モラル教育を取り入れるべきです。

子どもが犯罪に巻き込まれる前に、ネットは公共の世界につながっており、情報発信の仕方によっては実生活に危険が及ぶ、ということを意識づける必要があるのです。

それに伴い、ネット上にアップ可能なデータの危険性も教えた方が良いでしょう。
例えば、自分の裸写真をデータで与えてお金をもらう少女がいるとします。

その写真はネット上にアップされると二度と回収されることがないのです。
実名や住所までさらされたなら、危険人物が家に向かう可能性が出てくるので実生活まで脅かされる事も考えられます。

気軽に自分たちの素顔をホームページにアップしている子どもをよく見かけますが、一度アップされたものが出回ると回収は実質不可能です。
現に、出会い系や情報アップによるプライバシー侵害被害は起きています。

ネットは年齢に関係なく情報を受け取り発信できる無限の可能性を秘めていますが、使い方によっては生活を脅やかしてしまう危険があります。
情報モラル教育の授業では、実際に起きた事件を織り交ぜて子どもに教えると、効果的です。

その他に家庭でできることはないでしょうか。
それは、有害な情報を載っているサイトにアクセスできないようにすることです。
どういった情報を発信できればよいか、ネット上でのマナーも家庭でも教えることが大切となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ