バイリンガル教育に最適な方法とは

母国語の他に外国語を自由に操ることができる人はバイリンガルと呼ばれますが、実際に2カ国語を話すためには、母国語ともう一つの外国語を時間をかけて勉強すれば、必ず習得できます。
日本においては外国語と言えば英語の教育が盛んですが、日本語の環境に住んでいる限りは子供のうちからバイリンガルになるということはほとんど有りません。

通常は親の仕事の都合などで、海外で長く生活するか、両親のどちらかが外国人で家庭で日本語と英語の両方を自然と身につけることが必要な条件となります。

ただし、一旦、海外で生活して英語を身につけたとしても、日本に帰国して長く英語を使う機会がなければ、バイリンガルの能力はすぐに失われてしまいます。
しかし、日本に住みながらでもバイリンガル教育は可能です。

適切な勉強方法を使うことで日本語と英語の両方を身につけられるのです。
まず必要なのは、なんと言っても環境で、とにかく英語に触れる時間を長く作ることです。
通常、人間が一つの技術を習得するのには1万時間を要すると言われています。

このことから、英語を習得するためには、1日3時間としても約9年の時間が掛かります。
しかし、逆に言えば、1日3時間程度、英語に触れることで小学校と中学校の期間を合わせた9年間で英語をマスターできてしまうということです。

また、シュチュエーション別の挨拶や決まり文句を多く暗記させることも重要です。
相手の言っていることを理解するのはそれ程難しいことではありませんが、口を使って英語をしゃべることで、自分の語感が刺激されて英語の学習効果が高まるのです。
バイリンガル教育に最適なのは家庭教育の中に如何に英語の環境を取り入れるかに懸かっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ