教育委員会は、より良い環境を提供する事が、担うべく一番大きな役割だと言えます

教育委員会という言葉は、テレビや新聞等で良く見掛けますが、一体どういう機関なのかというと、学校に関する何かをしている、って程度でピンと来ない人が少なくないです。
ちなみにどういった機関かと言うと、構成する委員は基本的に五人か、或いは六人程と少数で、その委員は地方公共団体の長が議会の同意を得て任命するというもので、任期は四年であり、再任される事も出来ます。

そんな教育委員会が果たす役割はまず、学校等の教育機関の設置や管理です。
地方公共団体が直接設置している学校の中で、大学を除くその他の学校は委員会が管理しています。

逆にその学校が不要になったという廃校の判断も、同様に行なっています。
学校施設というのは長期に渡り活用される場合が多く、三十年以上経過している施設も少なくなかったりします。

そうなると当然のように、色々な所にガタが来て壊れて来たりします。
そういった箇所をスピーディーに修繕して行くように管理して行くというのも重要な仕事だったりします。

更に校舎や校庭やプール、或いはコンピュータルームの設備管理等、教育の場として相応しい環境作りを行うという役割を担っており、この様に委員会は学校施設の管理を行いながらも、教員に対する人事面での役割もあります。

例えば、学校でのいじめや体罰といった問題が生じた場合、そういった問題を無くすべく原因の究明に動いたり、学校側や教員に対し、教育の見直しを促したりするという役割もあります。
つまりは、子供達に安心してより良い環境で学べる場を提供するという事が、教育委員会が担う一番大きな役割だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ