専門教育の必要性は、人類の経験から生み出されたもの

専門教育の必要性。
それは誰もが生きてゆく中で、経験してゆく分野です。
一般的には専門学校や専門高校、大学の学部、大学院などがそのカテゴリーに入り、一般的にこの分野はマニア的な傾向を持っています。

しかしながら紙一重の分野も多く、なぜなら専門的な知識は、人間にとって生きる道を説く可能性を持つと共に、人間を病気から救う可能性を持っているからです。

具体的に分野を述べれば、農業、工業、商業、水産、医学、理学、経済学、人文学、法律学、家政学、土木学、造園学、林学、語学等、多彩にあります。

時に分野の中で細分化されてゆくのもありますが大まかに述べると、以上になります。
分野を定義しましたが、先に書いた人間にとって生きる可能性を説く分野は人文学に、人間を病気から救う分野は医学となります。

大まかな物ですが、これらの分野は人間が生きるための手段として作り出されたものであり、人類が経験してきたものを分野ごとに体系してきたものといえます。

これらの分野が今の人類の経済やインフラを作ってきたと言って過言ではありません。
専門教育の必要性は、人類の経験から生み出されてきました。

専門的な傾向をこれらは持っています。
しかし、人間が生きるために生かされる為に作られたもので、人間の生活に生かされる可能性を含んでいます。

生きてゆく中で学ぶ事を経験したり、お世話になってゆく経験もあるでしょう。
同時に学ぶ事で人生を生き方を考える可能性にもなり、これが専門教育の必要性と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ