赤ちゃんの音楽教室は、教育することを目的とせず、一緒に歌ったり踊ったりする

赤ちゃんのうちはいろいろな可能性を秘めています。
母親としては誰でも自分の子供には、美しいものや楽しいものにたくさん触れてほしいと考えるものです。
またこの時期には何にでも興味を示します。
それでこの時期にたくさんの音楽を聞かせたり、触れたりすることでより感情豊かな子供に育つことでしょう。

ある音楽教室では、赤ちゃんから入るコースがあります。
この時期で学ぶ音楽教室は教育するというよりは、子供の豊かな感受性をはぐくむことが一番の目的です。

一緒に歌ったり踊ったりすることで、個渡場の発達も自然に促されることとなります。
この音楽教室では1年間の年間カリキュラムがあります。

参加は親子での参加です。
1クラス親子8組までの合計16人までという少人数のクラスで、楽しく音楽に触れていきます。

1回のクラスは40分で月2回という日程です。
体験レッスンが無料で行われています。

赤ちゃんの頃から習い事というと早すぎるような声もあるかもしれませんが、実際には最初は落ち着きがなく動き回っていた子も次第に音楽を楽しめるようになるといいます。

また少人数であるがゆえに他のお友達とのかかわりも密になってきます。
それも子供同士のかかわり方を学ぶいい機会にもなっています。

何にでも興味がもてるこの時期だからこそ、体験しなければならないということもあります。
その時期に音楽の持つ魅力に触れられることは、将来的にもきっと役に立ってくれることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ