アメリカにおける教育制度の代表的な特徴

教育制度は、各国の風土や習慣、あるいはその将来の進路となる、力を入れている産業ジャンルとの関連性などに影響されて、国ごとに異なる場合が多いと言われています。
その中でアメリカにおける教育制度は、その基本となる学年数や入学条件に関する項目が日本と似ているとされており、留学などで支障が出る確率が低めだとされています。

一例として入学条件について、3年制の大学制度を持つ国に日本から留学しようとした時、日本における大学の一般教養に相当する内容を既に履修していることが条件となっています。

そのため履修状況との差を埋めるために、1年間はその一般教養課程を専門に行う学校で履修することが必要です。

アメリカの大学に留学する時はそうした制度の違いに起因する入学前過程を行う必要が無いため、学力面での条件さえクリアすればスムーズに留学が可能となる点が挙げられています。

一方、アメリカの教育制度において日本のそれとは異なる大きな特徴として、地区ごとに教育方針が異なる点が挙げられています。

日本ではいわゆる中央集権決定型とされる、教科書の認定などを国が決定する仕組みなのに対し、地区ごとに住民から選ばれた教育委員会によって方針が決定されるため、地区ごとで方針に個性が出やすいとされています。

加えて大学の絶対数自体が多く、様々な学力面の入学条件を設定することが可能となっているため、自らの進路にすることができる大学を選択することが可能な利点もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ