医療技術を使いこなすための教育と医学の重要性と患者中心の医療

技術は日々発展が進み、知識や経験は精細となって、それらが医療の診断や治療の進歩につながっています。
そのため医師はその吸収に最大の関心を寄せざるをえない時代となっています。
また高度技術化の進行に合わせ専門の分科も進んでいます。

その結果、大病院システムが発展するなど、医学の供給体制も急速に変貌をしています。
新しい技術を使いこなすための教育と医学の重要性はより高まり、その習得なくして患者の信頼を得ることはできません。

持っている知識や経験が圧倒的に違う医師と患者の間には、技術を行使する側と受ける側という動かしようのない落差がありますが、生身の人間対人間の関わりという、根本的な考えを忘れてはなりません。

患者を中心に考えた対人サービスを維持するためには、他の分野が医学を必要としているように、医学も他の領域の援助を必要とするようになっているといえます。

病気への対処には、医学が主導しなければならないことは多いですが、それだけではカバーできない、慢性の患者の問題があります。
このうちの多くは、急性の病気とは違って、医学だけで生活や療養生活のモデルを作れません。

病気があったり、障害があっても、その人の人間としての生活を最高のレベルに保つための努力を、さまざまな分野の職種が連携して行う必要があります。

専門的な技術を持った医師が医療を先導することは重要ですが、それと同時に医療における患者中心の考えも必要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ