教育法規便覧は、学校管理者のために出版されている刊行物です

教育法規には実にさまざまな法律、政令、省令、告示、訓令、通知などがあります。
また、重要な判例も存在しています。
さらに、地方公共団体における学校管理規則が存在しています。

教育法規便覧はこれらのさまざまな法令などによって、学校管理者のために出版されている刊行物です。
また、毎年のように、教育に関連した法規や規則には変更が加えられたり、新たな事項が追加されたりしています。

これらを一つ一つ学校管理者が把握することは大変な作業といえるでしょう。
そこで、教育法規便覧では、その年にあった必要な法令改正などや教育改革をめぐる動きなどを広く盛り込んでいます。

こうして、膨大な教育法令を読み解く上ではなくてはならない存在となっています。
また、便覧だけで間に合わない資料や情報に関しては、ホームページアドレスが付加されています。

特定の事項について、より深くより詳細に理解したい場合にも、この便覧は案内役となってくれます。
学校現場は、脱ゆとり教育の揺り戻しから、成績が向上してきている反面で、さまざまな問題も出てきています。

少子化の中で学校教育のあり方自体に、新たな発想を導入する意見も一方ではあります。

これまで、教育というものは固定的に解されがちでしたが、教育というものは生きているもので、現代の情報化社会の中、デジタル社会の中にあって、子どもたちへの教育の方法や指導のあり方にも変容が迫られてきています。

そのような現代的な視野をもつ上でも、便覧はヒントを与えてくれるものになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ