乳幼児教育の効果と問題点の解決方法について

乳幼児教育の重要性が世の中では最近騒がれております。
確かにこの乳幼児期は、その後の人格形成大きく影響すると考えられています。
コミュニケーションのとり方や物事の捉え方などこの時期に習得したものが基礎となっていきます。

脳の大きさもこの時期に急激大きくなるので、英語に触れさせるなどの、いわゆる賢さを高める知育も有効です。
色々な乳幼児教育の研究でもそのような結果になっているものが多いです。

小さい子は脳が柔軟で飲み込みが早く、順応性高いので早く教育すれば賢い優秀な人間になる可能性は高くなります。
しかし、知識だけではなく、情緒的な面や社会性の発達も重要です。
知識の面と同様に感情面においてもこの時期は、大切な基盤となる時期です。

しかし知識の方面ばかりに重点をおいてしまうと、教育を受けて、与えられた問題を解くというような受動的な環境でしかないので、自発性の少ない子どもになってしまう危険性もあります。

自発性を習得するのに遊びは重要です。
遊びは、自由な発想で自分で好きに世界を作り上げていくので、自発性や創造力が身につきます。

また、遊びを通じて、集団の中での人間関係などの社会性を獲得していきます。
つまり遊びの中で、心の発達に必要な多くのことを学びとりますので、このように乳幼児教育は、一定の効果があります。

しかし心の発達の面も考慮して行わないといけません。
したがって、乳幼児教育は、友達と遊ぶなどの遊びを通じた心の発達とのバランスを考えながら、行うことがベストでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ