通信教育で料理の技術を身に付けるということについて

郵便や情報通信など、通信手段を使用し行う通信教育は、直接的な教育活動の実施が難しい場合に利用されます。
捉え方にもよりますが、国文学の人間が生涯において一夜だけ直接対面した後、手紙のやり取りだけで師弟として学問の継承、発展に寄与したことを通信教育とするのであれば、その歴史は古く、幅はかなり広いと考えられます。

現在では一般的に、主催者から受講者へ教材と添削用の課題や問題が送られ、受講者が指定された期日までに自身で学習しその成果を解答という形で返送し、主催者側の講師がそれを添削した後、また受講者に返送するという形がとられています。

そんな通信教育には現在、おいしい食事を作るために料理を習いたくとも、仕事、家事、子育て、親の介護などで、料理教室に通うことはなかなかできないといった人たちのために、料理の講座というものもあります。

対象者は、食に関心があり基本的な食生活を身に付けたいという人から、生活習慣病予防に関心がある人や調理師試験を志している人まで様々です。

食は、人間の心と体を支えるために決して欠かせない大切なものです。

自宅に教材が届く通信教育を利用していくことで、自分の好きな時間、空いた時間にしっかり学習し実習として調理すれば、食に料理という彩を与える事ができます。

また通信教育であれば、調理がうまくいかなかった場合、教材が手元にあるため納得がいくまで繰り返すことができ、確実に技術を身に付けることができるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ