初等教育は、学校教育の最初の段階にある教育のことです

初等教育は最初の段階にある教育のことを指します。
日本では、幼稚園または小学校での教育を指し重視されています。
基礎計算、言語の読解・綴字、などの人間の社会生活能力の育成が重じられ、大半の国で無償教育・義務教育となっています。

小学校・中学校は、義務教育が行われている学校であり、卒業までに教育を受ける年数は9年です。
中学校卒業後は、高等学校などに進学することになります。

小学校には特別支援学校の小学部があり、就学児健診で特別支援学校が適当と判断された場合などにおいてはそれらの学校に就学します。

公立小学校への入学は、義務教育と定められているので、登録してある住民基本台帳に基づき、満6歳の誕生日以後の最初の4月1日に半ば自動的に就学する流れが取られています。

就学猶予が許可された未熟児や病弱な子供達は、就学が1年以上遅れますが、この場合は第一学年を飛び越えて、いきなり第二学年に編入学する飛び級も可能となっています。

堅調な学力、豊かに満ちた心、健康で丈夫な体を初等教育の6年間でしっかり身に付けさせる事が大切です。
私立学校では少人数制のメリットを活かし、教職員全員が児童一人ひとりに当たっています。

並外れたことを要求しているわけではありません。
自分のことは自分で出来、年齢に応じた挨拶が出来るなどの身の回りの自立が大事なのです。
知的好奇心があり、自分からやってみようとする活力を持った子供を導くのも初等教育の大事な点です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ