これからの社会には必要な情報教育とは

情報教育とは、子供たちが情報を活用出来る能力を身に付けるために行われている教育のことを言います。
平成14年度から、新たに小中高一貫カリキュラムが用意されるようになっています。
特に最近では、インターネットやコンピューターの世界が浸透していて、子供たちが大人になる頃には、しっかりと情報を収集する能力が必要になってきます。

学校で情報教育を学ぶことで、インターネットやコンピューターに対して対応が出来る能力がつくようになるのです。

情報活用の能力は、情報活用の実践力、情報の科学的な理解、情報社会に参画する態度(情報のモラル)の3つの内容に分かれており、それぞれにしっかりと教育を受けることが出来ます。

中学校でも、カリキュラムとして情報教育が盛り込まれていますし、また、高校では必須科目として情報があります。
この情報の科目では、専門的な知識を学ぶことが出来て、いざ社会に出てからもしっかりと活かせるようになるはずです。

社会に出ますと、必然的にコンピューターの知識や技術が求められるようになります。
それだけ仕事でコンピューターを使っている会社が多くなっていると言えます。

しかし、以前ではコンピューターや情報の活用については学校では学ぶこともなく、社会に出て初めてコンピューターに触れた方も少なくありませんでした。

大人になってからコンピューターや情報の活用を学ぶよりも、小さな頃から情報教育に触れていますと、違和感なくコンピューターに接することが出来るようになります。

また、コンピューターが好きになる子供達も増えています。
情報教育を学ぶことで、世の中にあふれている情報を上手に活用できる能力が自然と身についてくることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ