新入社員として採用された方への教育について

新入社員として採用されると、新入社員研修という名の教育を受けることになります。
新入社員研修とは、新卒で採用された社員に行われる教育のことを言います。
入社直後に行われ、学生という身から社会人になるために、会社組織で職務や業務を遂行する上での必要な知識やスキル、ビジネスマナーなどの基本を身につけてもらうための教育です。

これを受けた上で新卒で採用された社員には、仕事や会社をきちんと理解することが求められます。
自分の働く企業をきちんと理解をしておかなければ、ギャップを感じ、早期退職に発展することも否めないからです。

大卒者では、入社後の3年間に約3割の方が離職しているようですが、仕事や業務内容の事前の理解不足が理由というケースが少なくないようです。
こういったミスマッチをなくすためにも、入社前後の教育が大きなポイントとなります。

具体的には、仕事上で必須な知識や技術、企業の業務内容や企業風土、企業理念や就業規則などといった、企業内で過ごすにあたり、必要なことや社会人に欠かせないコミュニケーションスキル、最低限の礼儀やマナーといった、社会で働いていくにあたって不可欠な内容を幅広く教えていきます。

実施期間は、企業によりまちまちです。
一般的には、入社後1ヶ月から3ヶ月程度行うところが多いようです。

しかし最近では、1年から場合により3年という長期間かけて基礎から行う企業も出てきています。
これは、新入社員を戦力としてどう位置づけるか、人材育成についての考え方などで異なります。

このように、一般的には新入社員研修がありますので、その時に必要スキルを身につけ、仕事に臨みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ