0~3歳児の普段の生活での教育の仕方

一般的に0~3歳児までに多くのことを、学ばせることがとても重要であると言われています。
アメリカでは、この期間にいろいろなことを学ばせることが、脳の発達にとても重要であるとの研究結果もあるようです。
しかし、教育ばかりでなく、もちろん親子の絆や愛情面などを育てていくことも重要です。

遊びの中から、学ぶ育児方法にはどんなものがあるでしょうか。
よく言われる、絵本はとても大切です。

出来るだけ多くの本を読み聞かせてあげましょう。
動物が出てきたら鳴きまねをしたり、登場人物を家族の名前に変えたりして、興味をそそるように工夫すると良いです。
お出かけには、遊園地よりも、海や山がお勧めです。

じっくり海の水に触れてみたり、木々を見て観察したり、自然の音を聞いたりすることで、考えたり、情報を集めて整理したり、疑問をもったりといった基本が育ちます。

おけいこ事は、子供の年齢だけでなく、その子の性格や興味に合わせて選んでみてください。
音楽なら音感教室、体育ならリトミック教室がお勧めです。

無理に通わせるのではなく、子供が興味を持つように進めましょう。
自発的にやりたいと言ってくるのが理想です。

あと、家に置く時計はすべてアナログにして、時計を理解させることも良い事です。
起きる時間、ご飯を食べる時間、寝る時間など普段の出来事を時計と関連づけることが大切です。

このように少し意識して生活するだけでも0~3歳児は、普段の生活で、脳の発達に良い教育ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ