親子で楽しみながらできる乳児教育

近ごろでは、小学校低学年など早い段階から、子どもに勉強をさせることが当たり前になってきています。
今では、もはや通っていることが当たり前の学習塾も、少し前まではこれほどではありませんでした。
また、もっと早い段階からする乳児教育や幼児教育というものも注目されています。

学歴社会とも呼ばれる日本では、良い大学に入って良い会社に就職するという考え方が今でも一般的で、このために、お受験と呼ばれるような、幼いころから良い学校に入るために勉強をしている子どももいます。

しかし、乳幼児の時期にこのような知識だけを詰め込む形で勉強をさせると、コミュニケーション能力や自ら問題を解決する能力など、様々なところで問題が出てしまう可能性があると言われています。

良い大学に入学するため、良い会社に就職するために勉強をすることも大切だとは思いますが、脳が著しく発達する時期である乳幼児の時期は、今後の成長のためにも脳を刺激することのほうが重要なのです。

特に、3歳で脳の80%ほどが完成されると言われているので、乳児教育はとても大切だと言えます。

脳を刺激する乳児教育とは、絵本の読み聞かせや音楽観賞、運動や、あらゆる物に触れさせたり、お絵描きやブロック遊びなど、創造性を働かせるようなことをさせてみたりと特別に難しいことはありません。

親が一緒に楽しめるようなものばかりなので、スキンシップを兼ねて楽しみながら学ぶことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ