教育格差の背景は何か。親は子どもにどうすれば良いのか

近年、教育格差が大きな社会問題となっています。
教育格差とは、親の経済力や生まれた環境によって、子どもの可能性に大きな差が生じてくることです。
そして、この格差が世代を超えて固定化することが問題となっています。

自由競争社会の中では、格差が生じることはあるものです。
ただし、競争での結果としての格差は仕方がないにしても、機会の格差はあってはならないことですし、教育の機会は平等でなければいけません。

教育を受ける機会は、親の所得に関係なく、子どもは平等に受ける権利があるのです。
教育の機会が平等であれば、学力格差が生じていても、それは、子ども自体に問題があるかもしれません。

そして、その子どもの学力格差は、学習に対する「意欲格差」から生まれていることが指摘されています。
この意欲格差の背景には、親の経済力や学歴等の差であり、ゆとり教育の影響によるものと言われています。

確かに、貧困家庭ほど、学習意欲が低下している子どもが多いことがデータ的にも実証されていますが、果たして子どもの意欲格差は、子どもだけの責任そして親の経済力や学歴の問題なのでしょうか。

物質的問題よりも、文化的問題も1つの要因だと考えられます。
子どもの勉強を親がどう支援するか、つまり「親の意欲格差」に問題があるのです。

親が子どもを励まし、手本を見せることで、子どもは意欲を高め、格差社会に負けない立派な大人になってきます。
それが受け継がれていくと格差社会が是正され、明るい未来へと変わっていくのではないのでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ