子供1人に対する教育費は増加しています

子供は、家族にとって宝のような存在です。
子供を授かり育てる事によって、家庭全体に幸せをもたらします。
しかし、世の中に出て就職するまで人を1人育てるのは大変な事です。
その中でも教育費の金額は大きく、家計を悩ますものとなっています。

子供が最終学歴にたどり着く過程は、人それぞれです。
統計では、小学校は公立で中学から大学まで私立校に進むと約800万円かかります。

一方、全て公立のコースで大学まで進むと約400万円程度の費用で済むようです。
ただし、私立の場合、学校それぞれで納める金額に差がある事も忘れてはいけません。

教育費の内訳は、学校への授業料、給食や修学旅行などその他の学校への納付金、学習塾など学校外での教育にかかるお金に分けられます。
私立校では寄付金制度もあり、入学金や授業料を支払っても次々と出費を迫られるのが実情です。

多額の金額ですが、子供1人にかける教育費は年々増加傾向にあります。
これは少子化により子供の数が減り、以前ならかかっていた多くの兄弟姉妹分を少ない子供に集中出来る様になったからです。

更に、子供が少ないと、親はその子供に対する期待感が増していきます。
幼児期から英会話塾やスポーツ塾へ通わせる流行も、そういった背景からきているのでしょう。

幼児期からの教育は今や当たり前の事となっていますが、親からの過度な期待は子供を苦しめる結果となります。
親のエゴやプライドでは無く、子供の特性や将来をその都度考えてあげる事が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ