話題の幼児・育児教育。親御さんも冷静に心に余裕を持って。

近年話題沸騰の幼児・育児教育ですが、教育の方法次第で、天才と呼ばれる子供を育てられる可能性があるものです。
幼児教育、育児教育法にも多くの考え方や方法があります。
先に記載したように、天才児を育てられる可能性があるということ、つまり、幼児教育をすれば誰もが天才児になれるという意味ではないことは、子供の教育に熱心な親御さんにこそ良く理解して欲しい点です。

幼児の育児教育に熱心になりすぎて、親御さんが心を乱されてはいないでしょうか。
他の子は出来るのにうちの子だけ出来ないといった場合に焦りや不安を感じ、気持ちを抑えながら嫌がる子供に教育を無理強いしてはいませんか。

乳児も幼児も言葉を話したり意志の疎通はできなくても、親の感じていることや嫌な雰囲気を敏感に察知します。
親子共に自然に笑い合い、遊びながら、徐々に出来なかったことが出来るようになっていくことこそが、子供の学習になるのです。

笑顔は、子供にとって正直な喜びや楽しさの感情の表れで、楽しいことだと思えば自ずと学んでいく楽しさと喜びを得るために学習します。

IQよりHQ(社会性や知性)の方が将来的に役立つとも言われており、人と関わりを持てなければ、いくら天才児に育ったとしても、能力を発揮することは出来ないのです。

ひとつ考えて欲しいのは、子供は育児教育を楽しんでいるのかどうかという点です。
子供の吃音やチック症状が出てきたら、それは過度のストレスによる子供のヘルプサインでしょう。

その場合、親が冷静に自分を見つめ直す必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ