統計からもわかる教育費は結構かかるもの

子どもの将来を考えて、小学校、中学校、高校と私立の学校に通わせることを考えている保護者の方も多いと思います。
それでは、この12年間の教育費はいったいどれくらいかかるのでしょうか。
教育費の統計からだいたいの額はわかりますが、但し、統計だけではわからない部分もあることを理解しておきましょう。

私立の小学校では、入学金は174,000円で、年間授業料は346,000円、中学校では入学金が185,000円で、年間授業料は366,000円、高校では入学金が162,000円で、年間授業料は338,000円です。

この金額は、文部科学省の2003年度の統計の平均額です。
学校によっては、入学金や年間授業料が違う学校もありますし、また、私立の場合は、施設設備費や同窓会費、寄付金などといったものもあります。

学校が家から遠い場合は、通学費もかかります。
この他にも、制服代や教科書代、電子辞書などといったものも揃えなければなりません。

私立の場合は、制服や体操服の他にも、マフラー、靴、鞄など、学校指定のものがほとんどですが、これらの物も揃える必要があります。
その他にも、泊まり込みの研修や修学旅行などもありますので、授業料などとは別に準備しておかなければなりません。

このように、私立の学校へ小学校から高校まで通わせる場合は、教育費が公立の学校とは違いかなりかかることが統計からもわかります。
そのため、私立を希望されている方は、よく家計のことを考慮して、早めに教育費の準備をすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ