通信教育の前に考えるべき、社労士の合格必勝法とは

社会保険労務士(以下、「社労士」)」は、「士」と付くように、弁護士や会計士といった専門的な職業ですので、合格するのに難しい資格のひとつだと言えます。
例年、合格率も10パーセントに満たない1ケタ台ですし、合格者の中には2、3年費やす人も珍しくありません。

このように難易度の高い資格ですが、毎年約5万人が受験しています。
この難関な資格試験を突破するために、どういった勉強法があるのでしょうか。

今の時代は、インターネットで合格者の体験記や合格必勝法などが公開されているので、受験者は情報収集が容易です。
社労士に限らず、資格試験の勉強法には大別すると、スクールに通う「通学派」と、通信教育や参考書で勉強する「独学派」があります。

たいていの方は、自分がどっちに向いているかと考えると思いますが、しかし、それを考える前に、自分なりの勉強法が確立しているかを考えておく必要もあるでしょう。

特に社労士は、短期間合格や一発合格というほど甘くはありません。
独学するにせよ通学するにせよ、合格するための期間と準備が必要です。

合格者の半分が会社員という数字から見ても、仕事や家庭、学校などと両立しながら勉強する人がほとんどです。
そこでいかに長い期間、モチベーションを保ちつつ、効率良く勉強していけるかが問題となります。
そのモチベーションは、残念ながら、通信教育やスクールでは教えてくれません。

教えてくれるのは試験の傾向と対策といった内容ですから、勉強法やモチベーション法はご自身の手で早く確立していくことが重要であり、それが合格への鍵となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ