特別な教育支援のニーズと障害について

平成18年に教育法等が改正され、特別な教育支援のプロジェクトが明確になってきました。
なぜなら、障害のある子供を担任だけで支援するのは、人員不足であるという観点からも限界だったからです。
この背景には、障害のある児童の増加や障害の多様化があります。
そこで、この教育における支援員を、各学校に配置することとなりました。

現在小中学校に在籍している児童や生徒の中で、LDやADHD、高機能自閉症などの障害を持つ子は、全校児童生徒のうちの約6パーセントを占めると言われています。

そのため小中学校では、障害を持つ子どもに対して、食事や排泄の他に、教室の移動の際の補助や学習を通した日常生活における介助が必要になりました。

これらのことをサポートするのが、特別な教育支援における支援員の存在です。
具体的には、体育におけるスケート学習の際は、紐縛りなどの介助や付き添って補助をすることになります。

また、給食の際には、自分で食べることのできない子供に対しての食事の介助や食べこぼしの処理、身支度の補助などがあります。

衣服の脱着に関しては、ある程度見守ることも必要とされていて、何から何まで介助するという訳ではなく、時間がかかっても自分でやらせてみることも、特別な教育支援では求められています。

また、排泄に失敗した子供を、励ましていくことも重要になります。
常に障害のある児童生徒の気持ちを尊重しながら支え育むことが、このプロジェクトの大きな目的なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ