様々な諸問題への予防の為に教育家庭は見直されています。

子供が生まれてはじめて出会う社会というのが家庭になります。
この家庭という空間で学ぶ事は様々にあり、成長してからの生きる力を作る原動力が身につくと言われています。
この教育家庭というのは、こうしなくてはいけないとか決まった事は特にはありません。

子供の教育について親が全責任を負うのは当然ですが、日々の生活のために必要な習慣を身につけさせると共に自立心を養い、心身の調和がとれる発達を図るようにする事も親の努めであるのは当然の事でしょう。

しかし、今この教育家庭というもの自体が軽視されてきていて大変な社会問題となっています。

そういう事から、今後は国や地方公共団体が、社会教育法に関しての事だけではなく家庭内の教育プログラムの改革を行ったりして根本から検討し直す方向に向かっています。

このような形に向かっていくと一見良い方向にいくと考えられがちですが、それを行う親自身の意識というのも高めていかなければいけません。

そうはいっても、子供へのしつけは毎日です。
いかに親も子もストレスなく対応したりされたりするには、それぞれの家庭に合った対応をする事が本来はベストになります。

そこが曖昧になってしまうのが現実には多いようで、何か問題が起こってからの対処というよりは予防をするという事が、いざ起こった時の問題解決には一番だと考えられます。

すぐには諸々の事は変わらないので、子育てに関係のない人達も見守りながらというのが本来の教育家庭の原点と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ