農業関連の通信教育で生産性向上をはかろう

長く日本の経済を支えてきた農業ですが、その担い手である農家が変わりつつあります。
少子化や若者の都市部への流出により、農家の高齢化がすすんでいます。
その結果、耕作が行われていない土地が増えています。
このような現状に対して、一部の農家は耕作されていない土地を借り上げて大規模に農業を行なっています。

また、企業が農作物の生産に乗り出してきています。
一方で、耕作放棄地の拡大や地域の高齢化への対策として、行政も取り組みを行なっています。
たとえば、都市部から新規就農者を呼び込むための取り組みなどです。

行政は都市部でキャンペーンを行なって新規就農者を集めたり、体験就農として至れり尽くせりで地域での暮らしを体験してもらったり、新規就農者向けに土地や家屋を極めて安価に提供したりといった取り組みを行なっています。

一方で、こうしてやってきた新規就農者にも壁が待ち受けています。
大半の新規就農者は農業は未経験ですので、そうそう簡単に栽培に成功し富を得ることができません。

定年退職者であれば、自家消費分栽培できれば差し支えないでしょう。
不運にも不作であった場合には、買ってきて消費すれば済みます。

しかしながら、脱サラや解雇の末転職に近い形で就農した場合はそうはいきません。
最低でも栽培に掛けた経費を回収しなければならず、さらには生活を賄うだけの利益も出す必要があります。

そのために必要なのは、栽培のナレッジです。
本当は地域の農家から習えればいいのですがそうもいきません。

相手も忙しいのです。
その場合には、通信教育でナレッジを獲得することができます。

たとえば、自治体や専門学校、農家大学でそのような講座が開講されています。
このような講座を活用し、農業生産をアップを試みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ