赤ちゃんの英語教育について

学校で英語を習い始めたのは中学生の時という人も多いと思いますが、現在では小学5年生から英語の授業が開始しており、さらには小学3年生からに変更されると文部科学省が発表しました。
英語教育の低年齢化が進んでいる中、その教育方法には賛否両論あるようです。
何歳から始めてどの様な事を教育すればよいのか、現代の溢れる情報の中から最適なものを探し出すのはとても困難です。

特に、赤ちゃんからの英語教育については色々なことが唱えられていて、何が良くて何が正しいのか、判断に困ることが多いでしょう。

赤ちゃんにとって大好きな家族とのやり取りから、コミュニケーションの為の言葉を吸収して、親子のふれあいの中で英語の音やリズムを感じ、遊びを楽しみながら意味のある言葉として吸収します。

1歳頃では、「知りたい」気持ちが強まり、身の回りの色々な言葉への興味が高まるので、よく知っている身近なものがテーマの英語遊びを体験させる事が良いでしょう。

2歳頃では、自我が芽生え始めたり、言葉を発することも多くなり、色々なことがわかってきて、周りにも興味が出てくる頃なので、親が関わりながら子供に考えさせるような工夫をすることが大切です。

学習や教育としてではなく、手遊びや歌、ダンスなど、英語を遊びに取り入れて楽しみながら繰り返し英語に触れるうちに感覚で覚えていきますので、いつから始めるのが良いとか正しいとかは一概には言えません。

我が子の様子を見ながら、その子に合ったタイミングで、一方的や強制的にではなく親子で一緒に楽しんで英語で遊ぶことが何より重要だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ