障害を持つ子供たちの自立や社会参加を促す特別支援教育

日本の学校教育の中に特別支援教育というものがあります。
これは、視覚や聴覚の障害、或は知的障害、肢体が不自由である、身体虚弱者などといった、幼児や児童及び生徒の自立や社会参加への取り組みを支援する視点から、生活若しくは学習上での困難を改善・克服していけるよう適切な指導を行って必要な支援をしていくものです。

近年では、特別支援学校や特別支援学級に通う子供たちが増えており、そのような子供たちの障害の重度や重複化、多様化への十分な対応や、早期からの教育的な対応への要望が非常に高まっています。

そうした流れから、平成18年4月に、通級による指導の対象にLD・ADHAが加えられ、また、平成19年4月施行の学校教育法等の改正により、特別支援教育を進めることなどが規定されています。

それにより、盲学校・聾学校・養護学校と区別されていた教員免許状は、特別支援学校の教員免許状へと一本化されました。

また、特別支援学級や通級での指導については、小学校や中学校で教師になれる教員免許状を持つ教員が担当可能となっています。

その教育課程は、特別支援学校では障害に基づいた困難への改善・克服のための「自立活動」という特別な指導する領域があり、知的障害者の教育については独自の教科や目標などがあります。

また、各々の障害に配慮した教育が行われ、視覚障害者を例にとると、幼稚部の場合は遊びなどを通じて物の触り方や見分け方の援助など、小中学部では点字の読み書きや白杖を使っての歩き方など、高等部ではあんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師などへの職業教育も行っており、積極的な社会参加や自立を促す仕組みになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ