教育教材は学習するにあたって使用するものです

小学校に入学をすると、教科書を見ながら文字を書いたり、算数の計算をしたりと様々なことを学習します。
そして、中学校、高等学校へ進学するにつれてその内容はだんだんと難しくなっていき、色々なことを学んでいきます。
このように学習するにあたり、教育という課程の中で目標を達成するために、様々な文化の中から選ばれたり新しく作り変えられたりしてできた素材のことを教材と言います。

学校で学習する際に主要な教材として挙げられるのは教科書で、教育教材の代表的なものです。
近年は、IT教育という目標に向かってデジタル教科書というものも発行されており、大きな画面でみんなで見ながら学習できるというものもあります。

また、文部科学省では、2020年までに子供たち一人一人が一台ずつ情報端末を利用して学習をすることを実現するという方針を掲げていて、近い将来にはタブレットやiPadが教育教材には欠かせない時代がやってくるでしょう。

実際に教育の現場ではありませんが、NHKではテレビを通じて様々な年代に合わせた番組を放送しており、それに伴ったデジタル教材をホームページで配信しています。

このような配信されているものも、教育教材の一つになるのです。

他にも、テレビ番組で紹介したものが収録されているDVDも今は手に入りやすくなり、繰り返しいつでも見ることができるため、通信教育などの教材として様々な場面で活用されることが多くなっています。

学生ではなくても、私たちの周りには教材になる便利なものが普及しており、今の子供たちが大きくなるころには、情報社会もさらに発展するでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ