幼児や小学生といった子供達への児童英語教育が学べる学校

幼児や小学生といった低年齢の子供達を対象とした英語教育の知識を活用出来る場所は、保育所や英会話スクールなど様々あります。
また、こうした児童への英語教育を学べる場も大学や専門学校といった場所が挙げられ、教える内容は、子供達の年齢や学習段階にもよりますが、アルファベットの読み書きや発音の練習などを理解出来るように教える技術を学びます。
では、児童に英語を教える学校はどのような所があるのか、学べることと合わせて紹介します。

1ヶ所目は、専門学校である神田外語学院の児童英語教育科で、ここは、子供に英語を教えたい人や児童英語教材の企画に携わりたいなど、様々な英語教育分野で活躍する人を育成するための学校です。

子供達に教えるための英語の知識や、年齢に合った指導技術といった勉強を学んでいきます。
こうした内容以外にも。社会人として重要な一般常識や、コミュニケーションスキルを身に付ける授業もある点がこの学校の特色です。

続いて紹介するのは、国際外語・観光・エアライン専門学校のこども英語教育科で、こちらの学校では、子供達が楽しみながら英語を覚えられる工夫として、分かりやすい英語教授法を学ぶKid’s Englishという授業や、実際に保育園や施設に赴き英語実習を行う時間など、実践的なプログラムが設けられています。

また、短期大学との併修制度もありますので、利用すれば国家資格の保育士や幼稚園教諭の資格も取得出来ます。

近年小学校でも英語の授業は必修科目となっていますし、児童英語教育を行う教師や講師の需要は増えてきています。
このような学校で子供達に対する英語を学び、その知識を活用してみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ