中高一貫教育の特色について

文部科学省が推進し、平成11年4月から実施されている制度に中高一貫教育があります。
これは、中学校と高等学校を接続した6年間の学校生活の中において、計画的かつ継続的な教育を受ける課程を展開するもので、生徒の個性や創造性を伸ばす目的で設けられました。
そして、その指導内容は特例として、中高の接続を前提とする特色あるカリキュラム編成のための学習領域範囲外の指導も認められています。

また、実態形態には、中等教育学校、併設型の中学校・高等学校、連携型の中学校・高等学校の3つがあり、まず中等教育学校では、教育課程を中学校の基準を前期課程、高等学校の基準を後期課程でそれぞれ準用し、一体的に中高一貫教育を行います。

そして、公立の中等学校への入学に際しては、学力検査を行わないことが定められています。

続いて併設型の中学校・高等学校の場合は、中等教育学校に比べると形態的には緩やかで、設置者の同じ中学校と高等学校を高等学校の入学者選抜を行わずに接続します。

連携型の中学校・高等学校では、設置者が違う場合でも中高一貫での教育が実施できるよう、更に緩やかな形態となっており、設置者間の協議に基づいて教育課程を変えていくことも可能です。

高等学校の入学者選抜も設置者間の協議に基づき行われ、その連携中学校の生徒に関しては、調査書や学力検査に、成績以外の資料をもとに行うこともできます。

このように、中高一貫教育ではこれまでの中学校や高等学校に加え、6年間という一貫した教育課程、そして学習環境で学べる機会を導入し、中等教育の多様化を図っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ