子供にネット教育を行ってインターネットの正しい使い方を教えよう

仲の良い友達とコミュニケーションを取ったり、共通の趣味を持つ人と情報交換したりする場所として、インターネットを利用する子供達は多いです。
こうしたネット上で、子供達は友人との情報を共有したがる傾向が強く、必要以上に個人情報を公開してしまう場合があります。
そうなりますと、悪質ないたずらやネットでの誹謗や中傷といった状況に陥る可能性も高くなります。

こうした場面にならないためには、ネット教育としてサイトの安全な使い方を親子でしっかりと話し合い、ルールを決めることが重要です。
例えば、公開しても良い情報といけない情報を決めておくことは必要なことでしょう。

友達に限らず、ネットでは世界中の知らない人にも閲覧されているので、そうした意識を持たせることは大事です。
そして、自分や家族の本名、通っている学校や年齢などは公開しない方が良いことを教えるようにします。

このような情報から実際に住所を突き止められる可能性もありますから、個人を特定されやすい情報の公開は止めましょう。
ネットは危険が潜んでいますが、安全な使い方を決めて正しく使用すれば良い影響も与えてくれます。

例を挙げると、インターネットは多種多様なことが行えるので、子供の好奇心が高まる、親子で一緒に使用すれば話が共有出来てコミュニケーションが増えるなどがあります。

また、将来のための早い段階からネット環境に慣れさせるというところも利点の1つです。

携帯電話やパソコンを正しく使わせれば良い影響もあるので、保護者は子供にネット教育をしっかりと行うようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ