教員採用試験における教育法規とは

教育法規とは教育にかかわる法律のことで、教員の採用試験で提出される課題の一つです。
教員になるためには、教員免許状を取得した後、各都道府県で実施される教員採用試験に合格する必要があります。
教員免許は学校ごとに分かれており、自分がどの学校の教員になりたいのかで取得すべき免許が異なります。

中学校と高等学校の免許は教科ごとに分かれ、全国的にみてみると、教員採用試験の「教職専門」問題のうちの「教育法規」に関するものは、非常に多いことがわかります。

教育心理などに比べると、学習指導要領等の覚え方は苦手としている人は多いです。

教育法規とは教育に関する法律や法令のことですが、それらは個々にあるということではなく、それぞれ各方面の法律や法令が相互に関係してひとつの体系を作っています。

日本国憲法を頂点として、教育基本法、学校教育法、社会教育法、さらには学校教育法施行規則、その他の法令からなっています。
勉強法に関しては様々ですが、自分が受験したい都道府県の過去問題を準備し、出題形式や傾向を分析してから取り組むとよいでしょう。

大切なのは、意味や理論をしっかり理解したうえで学ぶ点にあります。
それは、憲法や教育基本法、学校教育法を学び、現在の日本の教育を理解するということに繋がります。

法によって何が許されていて、何が禁止されているのかを知ることも大切なことですし、教育原理や教育心理もまた同じです。
筆記試験のために覚え、すぐに忘れてしまうのでは意味がありません。

将来教師になり、しっかりと使える知識にするための学習が、大変意味があり価値のあるものと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ