通信教育による英会話の勉強法とは

仕事などで必要とされたり、様々な理由で大人になってからもう一度英語を勉強しようと思う人も多いことでしょう。
しかし、学校に通ったり留学するにはたくさんの費用や時間が掛かってしまいます。
そこで、気軽に始められるのが「通信教育」による勉強法です。

目標や用途によって様々な講座内容があるので、自分にあったコースを選べたり、「1日15分」だけと学習時間を決めたり、子どもの面倒を見ながらなど、仕事や子育てで忙しい方でも時間を有効活用し、続けやすいというメリットがあります。

英会話の勉強とは、最初に「聞く耳を鍛える」ことが大切です。
まずは聞き流すことから始め、小さい子どもが自然と言葉を覚えるように英語を聴き取る耳を鍛えていきます。

次は「実際に英語を話す」ことで、日本の学校の英語学習は読み書きがメインとなっていましたが、実際に声に出していくことで体が覚えていきます。
そして「文法を学習する」。

聞いたり話したりする感覚を覚えてから改めて文法を学ぶことで、より理解しやすくなります。
最近の英会話の通信教育では、卓上の勉強だけではなく、このようなステップで実際に英語を話せるようになることや資格取得などを目指しています。

例えばTOEICの点数別に目標をたてたり、学習時間の目安もわかりやすく、それぞれのライフスタイルに合わせてコースを選ぶことが出来ます。
また、通信教育で取得を目指せる資格としては、児童英語教師、子ども英会話講師などがあります。

他にも一定条件をクリアすることで、NPO法人小学校英語指導者認定協議会(J-shine)認定の小学校英語指導者資格の取得も目指すことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ