インターネット教育の現状について

インターネットを利用して様々な教育が行われる様になった最近は、タブレット端末やコンピューターは欠かす事の出来ない機器となり、教育の現場では盛んに取り入れられ、ほとんどの学校が授業にコンピューターを利用するようになりました。
家庭でも、コンピューターの無い家庭は皆無と言っても過言ではない程普及しています。

学校教育においては、2001年に日本中の全ての学校がインターネットに接続され、小・中学校では新しい学習指導要領に基づく学習が2002年から実施されています。

総合学習や各教科等でコンピュータを活用した教育が進められており、2003年度より高校の各学科共通の科目として「情報」が加えられました。

数年前までは、コンピュータそのものを理解する学習内容となっていましたが、近年、情報の受信や発信、様々な事柄の検索等のコミニケーションツールとしての機能が付加された事により、インターネットを活用する学習内容に変わっています。

学校における活用の利点として挙げられるものは、児童生徒の様々なものへの興味や関心、意欲が増す事、自発的・主体的に行動出来る様になる事、視野の広がりや情報活用能力の向上等多数に渡っています。

この様々な利点を踏まえ、文部科学省でも学校分野は勿論、社会分野でも情報化の推進に取り組んでおり、情報活用に関する調査や支援事業等に力を入れているのが現状です。

情報化社会の今、子供達には情報の上手な活用方法やマナーを含め伝えて行く事が重要と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ