発達障害は低年齢での発症が主ですが、大人も見逃されやすい障害

様々な人々が生活を営む中で、人と上手くコミュニケーションが取れなかったり、他の人とは違う変わった行動をしたりと、自分では普通の事として認識しているのに周りから理解されず悩んでいるという人はかなりいるものと推測されます。
それは発達障害という脳機能の障害ではないかと考えられていて、比較的低年齢で発症する行動やコミュニケーション、社会適応に関する問題を柱とする障害だとされています。

自閉症やアスぺルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、広汎性発達障害等が挙げられ、主として生物学的要因(遺伝)の他、胎児性風疹等が原因とされています。

症状として、相手の気持ちが分からず場に合った行動が取れなかったり、活動がいつも同じで間違った言葉を使ったり、会話が続かない等があります。
最近では大人の発達障害も問題視されていて、仕事や人間関係に支障をきたしているケースもあります。

これを治すための薬物は現在のところは存在しておらず、それに伴う症状の緩和、例えば不眠や不安等を解消する為に薬剤を使用するに留まっています。

文部科学省では、今後の教育の在り方を検討する為の資料とすべく、発達に障害がある可能性のある児童や生徒を調査しています。
また、発達障害教育情報センターでは、障害を持つ子供に関わる教員や保護者に支援や情報提供を行っています。

このように、国や様々な機関でその障害に関わる方々の支援や教育の研究が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ