学校教育では総合学習の時間に様々な体験学習を取り入れ、心の教育に役立てています

心の教育とはどのような教育でしょうか。
学校の道徳では、相手の立場になって考える事やお年寄りを大切にする事など、人間として生活する上で基本になるものが沢山学べる時間です。
その中でも心を育む事は、人間形成に重要な役割を持ち、子供達の成長過程ではその教育の方法によって左右される一面も持っています。

例えば学校教育では、総合学習に様々な体験学習を取り入れており、教科書だけの学習だけでは理解しにくい内容を自身で行動させる事で心の育みに役立てています。

ボランティア活動もその一環とされ、多くの児童生徒が参加しています。
各学校においても、それぞれ試行錯誤の中で、子供達の心をどう癒し育んで行くのかを考えています。

宮城県を例に挙げてみますと、震災のあと様々な取り組みを行っています。

全市の公立小中学校にスクールカウンセラーを配置したり、心のケアに係る研修会の開催をはじめ、ストレスやトラウマ等の軽減や癒しを促す活動、社会福祉の専門的知識や技術を持つソーシャルワーカーの配置など様々なストレスに晒されている子供達の心のケアに力を入れています。

阪神・淡路大震災の前例によると、教育的配慮が必要とされる児童生徒の数が3年後に最大数になるとされている事から、更に充実を図るとしています。

そして何よりも、いじめの問題や家庭の問題等、色々な問題を抱えている子供達への心の教育は、まず、子供達に関わる大人が手本となる事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ