幼児教育にお勧めの本は、書店やサイトで沢山紹介されています

子供の教育には色々な方法がありますが、幼児教育の一つに本を読むことをお勧めしています。
特に絵本は親と子供の心を結ぶとも言われていて、赤ちゃんの頃から読み聞かせたり、絵を見せるのはとても良いことです。
書店やインターネットショッピングでも図書は手軽に購入ができ、こういった書店やサイトでも年齢別にお勧めの商品を分かりやすく紹介しています。

例えば赤ちゃんは、10か月位から両親の言葉を聞きながら絵本の世界に入っていけるようになります。
この時期から読み聞かせていると、絵を見て笑ったり、声を出して反応したりするようになっていきます。

1歳を過ぎると絵を指でさすようになり、2歳になる頃には日常生活の生活体験が少しずつ積み重なって、言葉も次々に自分のものとなり、自分から表現することに興味を示し覚え始めます。

この頃には、子供の日常生活に沿った絵の付いた書籍を選ぶと良いでしょう。
3歳位になると急に言葉が発達し、簡単な物語を理解できるようになり、大人の働きがけによって目覚ましく育っていきます。

時期的には昔話の物語がお勧めで、繰り返し問答する年頃には、物語が解決する話は子供にとってとても魅力的です。
有名な作品を挙げてみますと「おおきなかぶ」や「てぶくろ」などの物語は、何度読んであげても子供は喜ぶのでお勧めします。

また、各市町村の自治体には図書館があり、その市町村の住民であれば無料で借りられますし、子供用の本を専門に扱うコーナーを設けている所も多くあるので活用してみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教育

このページの先頭へ