IT産業は本当に英語がビジネス上コミュニケーションツールとして利用される最も代表的な例である

もっとも英語と近い関係にある産業がIT産業と言えるのではないでしょうか。
言い換えればもっともグローバル化が進んでおり、今後、それがなお一層加速することが予想される産業になります。
以前はこの産業において多用される単語でも日本語に訳されて業界内で使用されてきましたが、現在は日本語に訳さずそのままの単語で使用されています。

この現象は日本だけではなく世界各国において同じであり、そのような意味でこの産業で使用される単語はグローバルスタンダード化されていると言って過言ではありません。

これは変化が激しく、その変化のスピードが著しく早いため訳すよりもそのままで使用した方が迅速に変化に対応できるという効率性と、この産業が他の産業よりも世界中の国々が密接に繋がっているという背景があります。

そういう意味では本当に英語がビジネス上コミュニケーションツールとして利用される最も代表的な例であるといえます。
キーワードが元々の単語で話されるため、数字に気をつけることと逆説的な表現に惑わされなければ、英語が話せなくても会話の内容は察しがつきます。

技術的な話になればそのフィールドに従事する人であればさらに理解度が増すといった具合いです。
この産業は毎日のように新しい技術が開発され世の中にリリースされていきます。

それらのものはそのままの形で世の中に浸透していくでしょう。
その直前までの段階にある産業も含めITはグローバルな産業となっていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ