英語力を高めるには、発音が大事であり、正しく話せること、聞き取れることが力の向上に大きく役立ちます

英語力を高める方法は、人それぞれ異なることがほとんどですが、攻めるポイントはいくつかに絞られます。
すでに、基本的な力が備わっている人だけでなく、まだ基礎を始めたばかりの人でも、攻め込めるポイントが発音です。
発音によって、英語力向上に必要なあらゆる面の力を培うことが可能だからです。

たとえば、話すときや聞くときに必要なのは、どういうことを言っているかという言葉の意味以前に、何の単語・言葉が発せられているのかを明確に判断できるようにならなければなりません。

日本語でくもというと、空に浮かぶ雲と昆虫のクモとに分かれるように、英単語も同じようなつづりの単語であっても、発せられ方によってまったく違う意味になることはよくあることです。

そのため、正しく話せること、聞き取れることが英語力向上に大きく役立ってくれるわけです。
しかし、身につけるのが難しい分野とも言われているため、独学に自信がない場合は、積極的に話すこと、ネイティブの声を聞くことができる環境に自分自身をおく必要がでてきます。

最近は声に出すこと、正しく聞き取ることに重点を置いた英会話スクールのほか、発音特化型の上級者向けスクールも開講されています。
狙いはずばり、文法の正しさに厳しくなるというよりも、よりネイティブに近づけるような実践による体得にあります。

自分自身で声に出してしゃべることにより、発せられる仕組みやイントネーションの流れまでも身につけることができるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ