英語学習教材は、何のために英語を学びたいのかを知って選ぶことが重要です

英語学習教材というものは自分に合ったものを選ばなければ意味がありません。
初心者の人が上級者用の教材を使っても能力の向上にはつながりません。
逆に上級者が初心者用の教材を使っても同じように期待できません。
このため、一番選ばれている英語学習教材が自分に一番良い教材というわけではないのです。

まず、教材選びのポイントとしては、上記で書いたように自分にあったレベルの教材を選ぶことが大事です。
これは、TOEICなどを利用してレベルを知ることができます。
次に何のために英語を学びたいのかを知ることも重要な要素になります。

英語圏の人と話がしたい人だったらスピーキングなどの要素を重要視すべきでしょうし、メールのやりとりの場合だとライティングなどを優先するように、目的によってどんな要素に重きを置いているのかが判断の分かれ目と言えます。

そしてなにより、続けられるかが問題です。
選ぶ教材は数ヶ月のつきあいになりますし、金額的にも安くはないです。

このため、この判断は非常に大事です。
サンプルがある場合はサンプルを取り寄せて判断すると良いでしょう。

また、教材選びの場合、良い点だけにとらわれないように気を付ける必要があります。
確かに、公式ページなどでも良い点だけを取り上げている事が多いです。

ですが、人間に長所と短所があるように、英語教材にも長所だけでなく短所も存在します。
良いところ、悪いところを知った上で納得して英語学習教材を購入することで後悔するリスクを減らすことができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ