映画は英語の最高のリスニング教材です

映画は最高のリスニング教材です。
英語にも日本語と同じように、地域によって多少のなまりがあります。
映画は、視聴者にどの地域のなまりがあっても聞き取り易いよう、非常に聞き取りやすくできています。
その中でも、リスニング教材として使うのであれば、キッズムービーが良いです。

とてもゆっくり、ハッキリ台詞を言ってくれています。
キッズムービーをリスニング教材として使う場合、字幕はなしにするか、字幕も英語にした方が効果的です。

字幕を日本語にしてしまうと、どうしても日本語で考えてしまい、翻訳しながらストーリーを追いかけてしまうので、これではいつまでたってもリスニング力がアップしません。

英語で考えながら見る習慣をつけるために、字幕を日本語にすることは控えます。
途中で分からない単語が出てきても、気にする必要はないです。

その単語が何度も出てくるようであれば、字幕を見てその単語のスペルをメモするくらいで十分です。
とにかく、一回さらっと流してしまいます。

ぼやっとでもいいので全体像がつかめたら、二回、三回と繰り返し見ながら、リスニングを繰り返します。
全体像は、やはりキッズムービーの方がはるかにつかみやすいので、そういった意味でもキッズムービーをお薦めします。

このようにして、何度も見ているうちに、独特の口語表現や、日常生活で使えそうな英単語もたくさん吸収していけるようになりますし、何より耳が慣れてくれます。
映画を有効利用して、効率良く、楽しく学習できるのなら、こんなに素晴らしいことはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ