英語を理解するためには、耳で大量に聞くことは大切です

英語を理解するためには耳を慣らせ、ということでとにかく大量に聞くことが大事だとされます。
それは間違えではないのですが、分かりもしない言葉を聞いていて、いつか突然分かるようになる、というものでもありません。

確かに赤ちゃんは誰に言葉を習うこともなく母国語を話すようになりますが、実際には相当長い年月の間、おかしな言葉を話し続けますし、学校に入れば言葉を習い始めます。

子供は子供に合ったテレビや本に接しますし、親や兄弟など言葉を習得する上で協力的な人たちが周りにたくさんいるのも事実です。
大人が外国語を習得する場合、ある程度のレベルに達すれば、実際にその言語を聞いて、聞き慣れない言葉をその場で覚えて、後で調べる、といったようなことが可能になってきます。

日本語の場合を考えてみても、そうでしょう。
ところが、学んでいる外国語のほとんど全てが分からないのに、ただ漫然と聞いていても、その言語のリズムを身に付けるような効果はあるかもしれませんが、あまり効率の良い学び方とも言えないのです。

基本的に人間は自分が知らない単語は聞き取れません。
電車に乗って知らない土地を旅すると、次の駅の名前が日本語であるにも関わらずよく聞き取れないのと同じです。

英語を聞き取る耳を持つには、英語を大量に聞くことは大切ですが、同時に大量の英単語を覚え、英文法をマスターしていくことも非常に重要なのです。
子供でもいきなり話せるようにはなりませんから、じっくりと腰を据えて勉強することが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ