中学英語で習った単語は使用価値の高い基礎中の基礎

中学英語で学んだ単語は間違いなく使用頻度の高い英語の基礎となるものです。
日本人はたくさんの単語を知っているが、英語が話せない。
他の国の人たちはあまり多くを知らないが、それをどう使うかをよく知っていて、上手に英語を喋る、と言われますが、あながち間違えでもありません。

実際には、言葉の知識がどれくらいあるかと言うことも大切なのですが、会話をうまく進めていくには、自分から喋ることも大切です。
自分から言葉を発していくと、自分の知っていること、得意な分野で会話ができるので、理解がしやすいのです。

反対に黙っていて相手から話しかけられるのを待っていると、相手のペース、相手の知っている言葉、相手の得意な分野を持ちかけてきますから、自分の方は理解しがたくなる場合も多いです。

英単語は多く知っているほうが良いに決まっていますが、際限なく存在する物ですので、きりがないのも確かです。
日本語の場合で考えてみても、方言や地方独特の言い回しもありますし、人名や地名、それぞれの分野での特殊な言葉など、全てを把握するのはほぼ無理だと言えます。

また、正直な話、英語が母国語ではない人間が、あまりに難解な言葉を使って話すのは聞き手には良い印象を与えないことも多いのです。

特に発音などで地域性の強い方言を話している場所などでは、こちらもその習慣にどっぷりと浸かってコミュニケーションをとらない限り、反感を買うこともあります。
そういった面でも中学で習った英語を使って間違いが生じることはまずないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ